letter & tea

DESIGNING? で福岡へ

毎年この時期に開催される、福岡の中心部でデザインに関して何かを発見したり学んだりできる『DESIGNING?』に行ってきました。
今回行く1番の目的は、福岡のデザイナーの勢いを感じて、自分のデザインの姿勢を見直すということ。

福岡であるイイダ傘店の受注会にも行きたかったのですが、期間が被っておらず、どっちに行こうか迷っていたのですが、
DESIGNING?を主催されている方のレポートが楽しそうだったのと、デザインリレーの項目に、
D-BROS「STAMP it」のミニコーナーが期間限定でcafé & books bibliothèqueに登場。というのを見つけてしまったので。

D-BROSファンなわたしは、とりあえず福岡に着いて真っ先にスタンプを押しに行ってきました。
好きなスタンプを自由に選んで組み合わせて押し、世界にただひとつのオリジナルデザインを創ることができる。というものです。
お店の方に撮影の許可をもらうと、「荷物はこちらに置いて。どうぞ、ゆっくり楽しんで行ってください」と。まぁ、なんて優しいこと。
DESIGNING?に対して予備知識の少なかったわたしは、調子にのって「次どこに行ったらいいですかね」という相談までしていました。

いくつか会場を回りましたが、グラフィック系のデザインの方が興味があるなぁと思い、ちょっと離れていたけど、
地下鉄に乗って別府まで。活版印刷体験ができる『文林堂』さんへ向かいました。

ナガサキリンネの時はすっかりユンが主役だったので、今回は自分の自由にしてみたかったのです。
指導してくださったお姉さんは、中川たくまさんのこともご存知で、
「ナガサキリンネ、すごい人だったらしいですね。行きたかったんですよ〜」と言っていました。

やっぱりいいなー、活版。
管理ができないので自分で欲しいとまでは言わないけど、活版印刷所の隣りに住みたいです。

街中のDESIGNING?を目指してさまよっていると、気になるお店が出現。
わわわわっと中に入ってみると、フランスの田舎町をイメージした店内がまたかわいい。

お店の方に許可をもらって撮影していると、パッケージ等に見慣れたロゴが。
以前友達に連れて行ってもらったORTO CAFE系列の、オルトズベーカリー カッセンでした。
お隣りのBar Vitaもなんだか良い雰囲気。今度は友達と来たいな〜 ほんと久々に、たまには女子だけの女子トークでもしたいです。

今年のDESIGNING?、トークショーはかなり豪華なものも多くて参加したかったけれど、どれも夜の時間なので県外の子持ちには難しい。
今回の1番の目的の、福岡のデザイナーの勢いを最も感じられるであろう「ZINE MEETING @DESIGNING?」は次の日から始まるらしく。

予定時間も来たので福岡を後にすることにしました。仕方ないよね、今日しか来れる日なかったし。
今年のDESIGNING?、大分県立芸術文化短期大学の生徒も参加されていたのですが、県内の九産大芸術学部も頑張ればいいのに!

目次
閉じる